雨樋工事

雨樋とは、屋根を通って雨水を下水や地上に流す設備のことで、建物内に雨水が浸入するのを防ぐ役割を果たしています。

地味な存在のため忘れられがちではありますが、雨樋は建物を守るのに欠かせない存在。
雨樋が上手く機能しない場合、屋根から流れてくる雨水は外壁をつたって落ちることになり、その状態が続くと外壁の劣化や浸食につながってしまうのです。

寿命は約20年ですが、台風で変形・破損したり落ち葉が詰まって水が溢れたりと、実はトラブルを引き起こしやすい箇所。
当方は、これまで数多くの雨樋工事に対応してまいりましたので、雨樋工事に精通しております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

■このような不具合に対応いたします

□ 雨樋が割れている・変形している
□ 雨樋から水が漏れていたり、軒先から雨水が垂れてきている
□ 雨樋の取り付け金具が錆びたり、金具が外れている
□ 雨樋の色が変色している
□ 今の雨樋を取り付けてから20年以上が経つ

■雨樋工事のポイント

○ 勾配をつける
雨水をきちんと排水するためには、雨樋に適度に勾配をつける必要があります。
また、方向やバランスなど調整しながら設置することで、機能と美観が両立した雨樋を実現できます。

○ 建物や屋根に合わせて形状・素材を選択
雨樋には、吊り型や下から固定するタイプ、半月型や角型などさまざまな形状があり、素材には塩化ビニール、ステンレス、ガルバリウム、銅板の4種類があります。
当方では、屋根の形状や耐久性などをしっかり考慮したうえで、最適なものをご提案いたします。

【代表直通】080-3997-2864
【事務所】093-482-2332
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~18:00
【対応エリア】北九州市を中心に福岡県全域(県外も対応可能のためご相談ください)

一覧ページに戻る